スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タイマッサージとの出会い

2015.04.17 14:27|未分類
タイマッサージとの出会いについてをふとブログに書いてみようと思いました☆
私が初めてタイマッサージを受けたのは15年前に友人と女2人旅で青春切符をつかって一ヶ月かけて野宿などしつつ日本を縦断していた時でした。行き当たりバッタリ感のすごい旅でしたので、台風の影響で沖縄に行けず偶然訪れた屋久島での出会いがきっかけでした。
屋久島で泊まったライダーハウスで仲良くなったヒッチハイクで旅中の大学生達と仲良くなり、一緒にキャンプすることになりました。
魚を釣ってさばいて、刺身で食べて焚き火してとそしておしゃべりしていたら彼らがプーケットに行った時の話しになりました。プーケットで財布と無くして帰れなくなり、助けてもらったのがタイマッサージの先生だったそうでタイマッサージを習ったとのことでした。焚き火の傍らでマッサージが始まりました。その頃は強めのマッサージが好きな私でしたが、なんとも静かな感覚のマッサージに感動しながらも気がつけばスコーンと寝てしまってました(^^)
焚き火の音と屋久島の静かで力強い海の音の中、なんだか不思議な体験から目を覚ますとマッサージをしてくれた友人の雰囲気はマッサージを受けていた時のような静かな様子、友人曰くいままで一番集中できたとのことで何かお互いに共感したものがありました。
相手ばかりでもなく自分にも集中している、一つ一つの感覚を丁寧に追いかける。たんたんと、静かに。。
今、思い出してみるとそんな施術だったように思います。
その後、本場のタイでもタイマッサージは受けたのですがやはり最初の印象は強く残っています。
それから5年後にそろそろ、何か人の役に立てそうなことをやってみたいと思った時に自由ヶ丘のタイマッサージ店でタイマッサージを初めて教えていただきました。
ベテランの店長も先輩方もみっちりとお付き合い下さったおかげで、その後のバンコク、チェンマイへでの学びにつながり、チェンマイで師匠のピシェット先生、NOJI先生に出会いました。 NOJI先生いわく、生徒有りきの先生。 受けてくれる人有りきのマッサージ。
あたり前のことかもしれませんが、経験を積むとつい忘れがちになることだと思いました。
受けていただける方たち、教えて下さった先生や先輩方への感謝を忘れずに施術させていただきたいと改めて気づかされました。
日々の中での関わる人達への感謝を忘れずにこれからも歩んでいければと思います。
ちなみにNOJI先生は毎週日曜日にアトリエスローにいらっしゃいます。おしゃべり半端なく面白いので、セラピストさんもそうでない方もご興味ある方は是非ぶらりと日曜日のスローに遊びに来て下さい☆
そして、私は今月も毎週水曜日のアトリエスローにて施術させていただいてます。
お疲れなど気になる時にでもお身体緩めにいらして下さい*\(^o^)/*







コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。